産婦人科 看護師の求人に強い転職サイトは、どこ? 産婦人科 看護師の記事一覧

産婦人科の看護師の役割とは?

産婦人科にはいろいろな職種の人がいます。例えば医師や助産師、看護師です。産婦人科で働く医師や助産師には、それぞれ役割がありますが、看護師にもとても大切な役割があるのです。

では、あなたは、産婦人科の看護師はどのような役割を担っていると思いますか?そして、産婦人科の看護師の大切な役割とは?

産婦人科の外来の看護師の役割とは?

産婦人科で働く人にはいろいろな職種の人がいます。あなたは産婦人科に受診したことがありますか?

もし、産婦人科に受診したことがあるのでしたら、産婦人科で働くスタッフのことを思い出してみてください。

あなたが産婦人科に受診した時、あなたを診察した医師の他にスタッフがいましたよね。例えば、受付や会計をする事務員、あなたの名前を呼んで診察室に案内してくれた看護師、そして、あなたが出産するために産婦人科へ受診したのであれば、助産師が出産のための手伝いをしてくれたでしょう。

その他にも産婦人科で働くスタッフがいて、それぞれに役割を担っています。そして、そういった職種が1つ欠けてもいけないのです。そのため、産婦人科での看護師の役割もとても重要なものなのです。

では、あなたは、産婦人科の看護師がどのような役割をしているのか分かりますか?

私はあなたと同じように看護師をしていますが、現在私が勤めている病院は産婦人科です。そこで、今回は、私が個人病院で行っている看護師の役割についてお話ししたいと思います。

個人病院では、産科と婦人科が一緒になっているところがほとんどです。そのため、私が勤めている病院も産科と婦人科の両方の診療を行っています。

そして、私の勤める個人病院では、外来と病棟があるため、看護師は外来と病棟の両方で働くことになります。

産婦人科の外来の看護師の役割はたくさんあります。外来での看護師の大きな役割は、診察や妊婦健診での介助です。

診療では、患者さんの呼び込みや医師の診察の介助を行います。そして、医師の指示に沿って、検査をしたり、採血や注射などを行います。

また、妊婦検診では、助産師の介助をします。具体的には、その患者さんの分娩予定日から妊婦健診当日の妊娠週数を算出したり、妊婦健診の妊婦週数によって行わなければいけない検査をしたり、患者さんの超音波検査の準備をします。

その他には、中絶手術に対する説明をしますが、その時に、中絶をするということが、女性の体に対してどれだけ負担をかけるのかということの話をしたり、中絶することに迷っている場合は、考え直してもうように話をすることがあります。

このように、産婦人科看護師の外来での役割は、診察や妊婦健診の介助ですが、外来での看護師の役割で重要なことは、患者さんが不快な思いをすることなくスムーズに診察や妊婦健診を受けられるように配慮することが重要な役割なのです。

さて、あなたはこのお話を読んで、産婦人科の看護師の役割が少し理解できたのではないかと思います。しかし、産婦人科の看護師の役割は、まだまだあります。個人病院では、外来の他に病棟での看護があります。

では、次のお話で、病棟での看護の役割について触れていきたいと思います。

産婦人科の病棟の看護師の役割とは?

先ほどのお話で、産婦人科の外来の看護師の役割をお話しましたが、個人病院では、外来だけでなく、病棟の看護師の役割もあります。

あなたは先ほどのお話で、産婦人科の外来の看護師の役割が理解できたのではないかと思います。では、あなたは、病棟の看護師の役割とは何だと思いますか?

個人病院の病棟の入院は、産科が対象になります。

産科というと、あなたは、分娩の患者さんや褥婦さんが入院しているのだろうと思うかもしれません。しかし、入院は、分娩の患者さんや褥婦さんだけでなく、妊婦さんも入院することがあるのです。

病棟の看護師の役割は、分娩の患者さんに対して、分娩になるまでの分娩管理をします。そして、分娩の患者さんは、陣痛が徐々に強くなっていくため、痛みも強くなります。

ですので、看護師は、陣痛がある時に患者さんの腰をさすったり押したりして、痛みが和らぐようにしたり、ゆっくりと深呼吸をするように指導し、手助けします。

そして、分娩後は、出血の状態を確認したりなどの観察をします。また、生まれたばかりの赤ちゃんのバイタルサインの状態を観察します。それから、生まれてから数時間後にミルクを飲ませます。

褥婦さんに対しては、赤ちゃんのお世話の指導をしたり、沐浴指導をしたり、授乳指導をします。また、退院後の生活の指導をします。

その他には、妊婦さんが入院することがありますが、妊婦さんの入院の原因は、切迫早産や切迫流産、妊娠性高血圧、体重超過の妊婦さん、妊娠悪阻です。そのため、看護師は、それぞれの病気に対する看護をしていきます。

病棟での看護師の役割は、分娩や産褥の管理や指導などが大きな役割です。

しかし、その役割の中で重要な事は、分娩管理や指導などで、危険を伴うことなく分娩が正常に行われるよう手助けをすることです。また、入院患者さんが不安や心配に思っていることを解決できるような手助けをすることも、重要な役割なのです。

このお話を読んで、きっとあなたは、「産婦人科の看護師の役割はたくさんあって大変だ」と思ったことと思います。

確かに、外来と病棟の両方で働くので、外来は外来の役割がありますし、病棟は病棟の役割があるので、大変です。

しかし、外来と病棟の看護師の役割にどちらも言えることなのですが、外来の患者さんも病棟に入院する患者さんも、不安や心配なことを抱えています。

そのため、産婦人科の看護師は、患者さんに寄り添って、そういった患者さんの不安や心配な事を取り除けるように話をしたり指導をしていくことが大切な役割なのです。

産婦人科の看護師の役割はたくさんあり、大変ではありますが、産婦人科の看護師の仕事はとてもやりがいがあるので、あなたもぜひ産婦人科で働いてみてくださいね。

産婦人科 看護師の求人に強い転職サイトは、どこ? 産婦人科 看護師の記事一覧

このページの先頭へ