産婦人科 看護師の求人に強い転職サイトは、どこ? 産婦人科 看護師の記事一覧

産婦人科 看護師の志望動機のイメージと実際はいかに?

ちょっと特殊で女性特有の科である「産婦人科」。産婦人科にはたくさんの看護師が勤めています。

でも、その産婦人科に勤める看護師が、なぜ産婦人科を選んだのか。あなたはその理由が気になりませんか?

そこで今回は、看護師が産婦人科を志望するその動機をお話しします!

産婦人科の看護師の志望動機は産婦人科のイメージから?看護師が産婦人科を選ぶ理由とは?

看護師として勤めるには、まず自分が行きたい科を決めます。でも、その科を決めるのは、とても難しいものですよね。

そこで、行きたい科を決めるのに必要な材料は、自分が知り得た情報や経験から、決めるのではないかと思います。

看護師が勤める場所を決めて実際に内定をもらうには、その病院の面接を受けなければいけません。その面接に必要な項目の一つが『志望動機』です。

きっと、このお話を読んでいるあなたは、どの科に行こうかと迷っているのではないでしょうか?

そして、あなたがこのお話を読んでいるということは、「こんな風に思って産婦人科に行きたいと思っているけど、みんなはどんな志望動機を持っていたのだろう?」と、気になっていることと思います。

では、産婦人科で働く看護師は、どういった志望動機を持って、産婦人科を選んだのでしょうか?

産婦人科は一般の科と比べると、少し特殊な科です。そして、女性特有の科でもあります。

そんな産婦人科には、たくさんの看護師が勤めていますが、そもそも、産婦人科に勤める看護師が、どうして産婦人科に勤めようと思ったのかが気になります。

一口に「産婦人科」と言っても、看護師の志望動機は様々です。

看護師という仕事は、病気の人を対象とします。そして、時には、患者さんの死に直面することもありますよね。これが看護師の仕事だと分かっていても、患者さんの死はやはり辛いものです。

ですが、産婦人科はそういった一般の看護師の仕事と比べると全然違うものです。

産婦人科は、どちらかと言えば、ほとんどと言っていいほど、患者さんの死に直面することはありません。むしろ、生命の誕生の方に直面することが多い科なのです。

そのため、産婦人科を志望する動機で多いのは、そういった『妊娠や出産を経て、生命の誕生を目の当たりにすることができてうれしい』といった産婦人科のイメージから志望することが多いようです。

きっと、このお話を読んでいるあなたにも、そういったイメージがあるのではないでしょうか?

では、次は、産婦人科の志望動機について、具体的にお話していきますね。

︎産婦人科の看護師の志望動機は様々!でも、女性として共感できる動機?

産婦人科のイメージは、先ほどお話したように、『妊娠や出産を経て、生命の誕生を目の当たりにすることができてうれしい』というイメージですよね?

きっとあなたもそう思っていることと思います。

では、産婦人科に勤める看護師がそんなイメージから、具体的に持っている志望動機とはなんなのでしょうか?

志望動機として多いのは、「看護学生の時の実習で、実際に生命の誕生を目の当たりにして感動したから」という動機が多いようです。

私は現在産婦人科の看護師をしています。実は、現在の産婦人科は、私の看護師人生の中で2箇所目の産婦人科です。

そして、私が一番最初に「看護師として仕事をしたい!」と思った科は産婦人科で、看護師になって初めて勤めた場所が産婦人科です。

では、私がなぜ産婦人科に勤めようかと思ったのか。その理由は、志望動機として一番多い、看護学生の時の実習での、生命の誕生による感動でした。

私が看護学生の時は、19〜21歳くらいです。看護師になるために勉強している状態だったので、もちろん妊娠や出産の経験はありませんでした。

学校で母性の勉強をして、妊娠や出産がどういうものなのかということは勉強していても、実際に妊娠や出産がどのくらい大変なのかということは、経験してみなければ分からないことです。

でも、産婦人科の実習で実際に分娩を見学したあの時、お母さんが痛みで苦しみながら、それでも頑張って赤ちゃんを産み、赤ちゃんが初めて「おぎゃー」と泣いた時のお母さんの喜び。

あれは、本当にどう言ったらいいのか分からないくらいの感動で、涙が出そうになったのをグッとこらえたことを覚えています。

それと同時に、女性の体はどうしてこんなにすごいのだろう!と思いました。だって、女性は、人1人を自分の体の中で育てるんです。

そして、その赤ちゃんを産むためにどれだけ苦労しても、それを喜びとして受け止めることができるのです。

そういった女性の体や精神的な面の凄さに、私は、「産婦人科で妊婦さんや産婦さんや赤ちゃんに携わる仕事がしたい!」と思ったのです。

このように看護学生の時には感動し、産婦人科を志望した人はたくさんいるのです。

そして、逆に、自分が妊娠や出産を経験したことが志望動機になっている人もいます。

妊娠や出産は、女性しかできないことです。ですので、妊娠中や出産後などの悩みもたくさん出てきます。

それを助産師や看護師に相談して解決することで、「私もこの妊娠や出産の経験を生かして、産婦人科で悩んでいる妊婦さんや産婦さんの役に立ちたい!」という動機を持つ人もいるようです。

そして、何より、産婦人科はほとんどと言っていいほど、亡くなる人がいません。妊婦さんも、生まれてくる赤ちゃんも、元は正常で健康な人がほとんどです。

時には妊娠中の合併症などがあれば亡くなる妊婦さんや赤ちゃんがいますが、大きな病院に勤めない限りは、こういったことはほとんどありません。

ですので、健康な人の看護ができることを志望動機として持つ人もいます。

そして、一番は、たくさんの「おめでとうございます!」が言えることです。

妊娠が分かれば「おめでとう!」、そして赤ちゃんが生まれば「おめでとう!」と言いますよね。産婦人科はそんな「おめでとう!」がたくさん言える場所です。

「おめでとう!」と言えば、言われた人はとても嬉しいし、幸せになれます。そんな幸せな気持ちを共有できる所が産婦人科なのです。

そんな幸せな気持ちを、患者さんと共に共有できることも、志望動機になっています。

また、赤ちゃんが大好きで、「生まれたばかりの赤ちゃんのケアをすることができること。そして、お母さんに赤ちゃんのお世話の指導ができるから」と言う理由を志望動機としている人もいます。

このように、看護師が産婦人科を志望する動機は様々ですが、この志望動機に共通する理由は「女性にしか経験することができない妊娠や出産の喜びを共有することができる」という点です。

産婦人科を志望する人は、その点を、看護師として、また一人の女性として専門的な面からケアしたいと考えているようですね。

いかがでしたか?

このお話を読んだあなたは、看護師が産婦人科を志望する動機を、どう感じましたか?

きっとあなたが女性なら、共感できた志望動機なのではないでしょうか?

産婦人科は大きな感動とたくさんの幸せがある科です。

産婦人科に勤めようか迷っているあなた。産婦人科はあなたが思っているように、喜びと幸せを共有すると共に楽しくケアができる場所です。ですので、興味があれば、ぜひ産婦人科を志望してほしいと思います。

産婦人科 看護師の求人に強い転職サイトは、どこ? 産婦人科 看護師の記事一覧

このページの先頭へ