産婦人科 看護師の求人に強い転職サイトは、どこ? 産婦人科 看護師の記事一覧

産婦人科 看護師特有の悩みとその解決策

産婦人科は一般の科と比べると特殊な科ですよね。そのため、産婦人科の看護師として働いていると、喜びや感動と言ったうれしい出来事がある反面、産婦人科で働く上での悩みが出てきます。

きっと、このお話を読もうと思っているあなたにも、産婦人科の看護師としての悩みがあるのではないでしょうか?

では、産婦人科の看護師の悩みにはどんなものがあるのでしょうか?

産婦人科 看護師特有の悩みとその解決策とは?

産婦人科は、女性特有の科でもあり、一般の科と比べると特殊な科でもあります。

そして、そういった特殊な科だからこそ、女性特有の病気のケアや、妊娠・出産に携わりたいという目的を持って看護師として働いている人はたくさんいます。

このお話を読んでいるあなたも、産婦人科の看護師として頑張っていることと思います。

産婦人科は主に産科と婦人科に分かれますが、産科では生命の誕生を目の当たりにすることができ、婦人科では女性特有の病気のケアをすることができます。

そのため、とてもやりがいを感じることのできる仕事ですが、やりがいを感じる分、産婦人科特有の悩みを持ってしまう看護師も少なくはありません。

その産婦人科特有の悩みとは、産婦人科の看護のイメージと実際の看護とのギャップに対する悩みです。

産婦人科は、生命の誕生を目の当たりにし感動を体験することができますが、その一方で、分娩のケアは急性期のため、その状況も急に変わったりします。

例えば、さっきまで陣痛があまり強くなかった患者さんが、10分後には赤ちゃんがもうすぐに生まれてしまうという状況に変化したりします。

また、正常な分娩の経過をたどっていても、急に赤ちゃんの心臓の音が弱くなり、緊急に帝王切開術をしなければならない状況に陥いることもあります。

このように、産婦人科の看護のイメージでは喜んだり感動したりということが多いように感じますが、実際は分娩のケア自体に注意が必要で緊迫する状況が多いため、「自分が思い描いていたイメージと違う」と悩む看護師が多いのです。

私は産婦人科の看護師をしていますが、やはり、最初は喜びや感動といったイメージが強かったのですが、実際に働き始めると、喜びや感動は最初の頃に感じただけでした。

その後は緊迫した状態がほとんどで、「産婦人科って、こんなに大変な科なのか」と、そのギャップの差に困惑し、悩んだことがありました。

このお話を読んでいるあなたは、産婦人科の看護のイメージと実際の看護というギャップを感じたことはありませんか?

そして、そのギャップの差に困惑し、悩んだことはありませんか?

おそらく、私も含めてですが、この産婦人科のギャップの差に悩んだ看護師はたくさんいると思います。そして、そのギャップの差に悩み、産婦人科を辞めてしまう人もいます。

では、そのギャップの差に対する悩みをどのように解決していけばいいのかというと、まず、産婦人科に勤める前に、産婦人科とはどんな所なのか、そして、産婦人科の業務内容をリサーチして、産婦人科のギャップの差に陥らないようにすることが大切です。

ですが、そうは言っても、リサーチをせずに産婦人科に勤め始める人もいるでしょう。

もし、このような状況でギャップの差に悩んでしまった場合は、上司や自分の指導者である先輩に悩みを打ち明けたり、友人が産婦人科に勤めている場合は、友人に聞いたりすると良いです。

なぜならば、こういった悩みは、自分だけでなく上司や先輩や友人も、勤務したての頃に同じような悩みを持ったことがあるからです。

こういった悩みを、自分だけでなく、自分の身近にいる人も悩んでいたと分かれば、心強いですよね。

産婦人科 看護師でも悩みと言えば、やはり人間関係?

産婦人科特有の悩みとしては、イメージと実際のケアのギャップに悩む看護師が多いのですが、一番多い悩みは、『人間関係の悩み』です。

おそらく、この人間関係の悩みというものは、産婦人科に関わらず、どこの科にも共通する悩みだと思います。

しかし、一般の科は女性だけでなく男性の看護師もいますが、産婦人科は女性の看護師しかいません。そのため、女性だけの職場では、どうしても人間関係にトラブルが起きやすい傾向にあるのです。

看護師の人間関係は、どっちかと言うと縦社会なので、先輩や後輩の関係には厳しいものがあります。特に女性の看護師だけしかいない産婦人科では、その関係がとても厳しかったりします。

そのため、時には嫌味を言われたり陰口を言われたり、無視をされたりすることもあります。そして、その状態がエスカレートし、時にはいじめに発展してしまうこともあるのです。

全ての産婦人科の看護師の人間関係がこのようなトラブルに発展してしまうわけではありませんが、残念ながら、こういう事が起こってしまうこともまた事実です。

特に、女性だけの職場では、女性の特性というものなのでしょうが、どうしてもこのような人間関係のトラブルが起こりがちです。

ですので、こういった事が自分に起こってしまうと、せっかく頑張っていても辛くなってしまいますよね。そのため、人間関係がうまくいかず、辞めてしまう人が非常に多いのです。

看護師を辞める理由としては、家庭の事情だったり、給料面の事だったり、結婚や介護が多いと言われていますが、これらの理由の8割が、本当は人間関係が原因で、そのことを言えずに別の理由をつけて辞めているのだそうです。

実は、私も現在勤めている産婦人科で、先輩から無視をされたり、質問しても返事をもらえず仕事を教えてもらえなかったり、先輩の機嫌が悪かったりした時は当たられることもたくさんあり、人間関係で悩んだ時期がありました。

このように、私も人間関係で悩んだ一人でもあるので、看護師の人間関係の問題は、本当に深刻なものといえます。

そのため、このような人間関係の悩みを解決することは、とても大変な事です。私の場合は、人間関係の悩みを、同じ経験をしたことがある先輩に相談することで解決することができました。

しかし、私のように相談できる人がいれば解決するこことができますが、中には誰にも相談することができず、辞めてしまう人がいるのです。

出来れば、スタッフみんなが仲良く仕事ができることが一番いい方法です。しかし、このような人間関係の悩みが多いのは、産婦人科が女性だけの職場という特殊な状況にあることも関係しているのかもしれません。

私も人間関係で悩んだ一人ですが、このお話を読んでいるあなたは、このような人間関係で悩んだことはありませんか?

もし、悩んでいたら、こういった悩みを持っているのはあなただけではありません。私を含め、同じ悩みで悩んでいる人はたくさんいますし、あなたの同僚や先輩も同じ悩みを抱えているかもしれません。

ですので、もし悩んでいたら、一人で悩まずに職場の同僚や先輩など、悩みを話せる人に相談すると良いでしょう。また、転職サイトや看護師のお悩みサイトを利用するのもいいかと思います。

くれぐれも、一人で悩まないようにしてくださいね。

産婦人科 看護師の求人に強い転職サイトは、どこ? 産婦人科 看護師の記事一覧

このページの先頭へ