産婦人科 看護師の求人に強い転職サイトは、どこ? 産婦人科 看護師の記事一覧

産婦人科の看護師には資格が特別に必要なの?産婦人科特有の資格とは?

産婦人科と聞くと、一般の科とは違い特殊な科だと思う人がいると思います。

そして、産婦人科で働くのには、看護師の資格だけでなく、産婦人科特有の資格が必要なのでは?と思う人がいるのではないでしょうか?もしかすると、あなたもその一人かもしれません。

産婦人科で働くのに、特別な資格が必要なのでしょうか?そして、産婦人科特有の資格にはどんなものがあると思いますか?

産婦人科の看護師に資格は必要なの?

産婦人科と聞くと、一般の科とは違って特殊な感じを受ける人が多いのではないかと思います。きっと、この文章を読んでいるあなたも、そう思っているのではないのでしょうか?

産婦人科は読んで字のごとく、女性特有の病気の治療を行うことと、生命の誕生に立ち会うことのできる科です。

ですので、産婦人科の看護師として働きたいと思っている人は、女性特有の病気の看護がしたい、生命の誕生に立ち会い喜びを感じたい、と思っている人が多のではないかと思います。

産婦人科は一般の科とは違い特殊な科ですから、産婦人科の看護師になりたいと思っている人の中には、「何か特殊な資格でもいるのか?」、「産婦人科で働くのに、助産師の資格を取得しなくてはいけないのか?」と言う風に、疑問を感じる人もいると思います。

しかし、産婦人科で働くのに、特別な資格は必要ありません。産婦人科と聞くと、産婦人科で働くのは助産師だけと思っている人がいるかもしれませんが、産婦人科には、助産師より看護師として働いている人の方がたくさんいるのです。

産婦人科での仕事内容は、産科の看護だけでなく婦人科の看護も行ったりしますので、看護師の資格さえあれば、産婦人科で働くことができます。

私は現在、産婦人科で看護師として働いていますが、看護師の資格だけでも問題なく働いていますよ!

産婦人科で看護師の資格にプラスして、キャリアアップのために、資格を取る!産婦人科特有の資格とは?

産婦人科では、看護師の資格さえあれば十分に働くことはできます。しかし、産婦人科を選んだ人の中には、産婦人科でより専門的に働きたい、分娩にたくさん携わりたい、と考えている人はいると思います。

そんな人には、看護師の資格にプラスして、キャリアアップのために、資格を取るのもいいのではないでしょうか?

産婦人科特有の資格はいくつかありますが、その中でも一番先に思いつくのは、助産師ではないかと思います。

助産師とは、妊娠中の妊婦の健康管理や生活の指導を行ったり、分娩の管理や介助、そして、産後の新生児の管理や授乳や沐浴などのお世話の指導、お母さんが赤ちゃんと共に健康に過ごせるよう指導したり、お母さんの妊娠中や産後などのさまざまな悩みを受けたりする、産科のより専門的な資格です。

助産師という資格は、産婦人科でより専門的に働きたい、分娩にたくさん携わりたいと考えている人に、とてもピッタリな資格と言えるでしょう。

しかし、助産師の資格を取るためには、助産師の学校や通信制の学校に1~2年通うことになります。そして、学科と実技を学び、卒業すると共に、助産師の国家試験に合格して資格を取らなければなりません。

その1~2年間は、入学する学校によって、その間働くことができなかったり、また、働きながら学校に通ったりしなければいけませんし、入学金や授業料など、経済的にも大変な思いをするかもしれません。

ですが、晴れて助産師になった時には、自分が看護師としてではなく助産師として産科で専門的に患者さんに携わることに自信が持てますし、キャリアアップの大きな一歩になることは間違いありません。

私の働く産婦人科でも、看護師として働いていたスタッフが、やはり専門性を活かして働きたいということで助産師の資格を取得しましたが、現在ではキャリアアップを果たして、助産師として頑張って働いています。

そして、助産師とは別に、新生児蘇生法という資格があります。

これは、日本周産期・新生児医学会が実施しているものです。この新生児蘇生法は分娩時や分娩後において、新生児が心肺停止などの危険な状況に陥った時に実施する蘇生法についてを学ぶものです。

この新生児蘇生法は、私が働く産婦人科でも、医師を始め、助産師や看護師が任意で取得しています。

これは、指定された場所へ行き、そこで学科や実技を経て取得できるものですが、時間的なものはそんなにかからず、たった1日で取得できます。

ですので、産婦人科で助産師まではいかずとも、より専門的に長く働きたい人や、分娩にたくさん携わりたい人がこの資格を持つことで、看護師としての自信につながりますし、キャリアアップにもなります。

産婦人科で看護師の資格にプラスして、お母さんや赤ちゃんのケアに関する資格を取る!

産婦人科特有の資格として、助産師や新生児蘇生法を挙げましたが、この他にもまだまだ資格はあります。

それは、お母さんや赤ちゃんのケアに関する資格です。

母親学級で取り上げられることが多いのですが、妊娠中のお母さんが安全にできる運動として、マタニティビクスやマタニティヨガをする産婦人科があります。

お母さんのケアに関する資格は、マタニティビクスやマタニティヨガのインストラクターです。

また、産後のダイエットにつながるものとしてアフタービクスがありますが、そのアフタービクスのインストラクターの資格もあります。

赤ちゃんのケアには、べビーダンス、ベビーマッサージ、チャイルドセラピーなどの資格があります。

これらの資格は看護職ではなく、一般の人も取得することができますが、産婦人科の看護師だからこそ、お母さんや赤ちゃんがより健康的に、そして、育児においてもお母さんと赤ちゃんの関係がうまくいくようにケアすることができる資格だといえます。これもまた、看護師としてのキャリアアップにつながります。

以上のように、産婦人科でのキャリアアップにつながる資格を取り挙げてきましたが、もちろん、看護師だけでも問題なく働くことは可能です。

しかし、産婦人科でずっと働きたいという人や、より専門的に働きたい人、分娩にたくさん携わりたい人は、このような資格をもってキャリアアップをして、よりデキル産婦人科のスペシャリストになるのもいいかもしれませんね。

「それなら、私もデキル産婦人科のスペシャリストになりたい」とあなたが思ったのであれば、ぜひ、当サイトランキングから、産婦人科の求人に強い転職サイトへ登録してみてくださいね。

あなたがスペシャリストになれるように、サポートしてくれる協力的な産婦人科を転職コンサルタントが紹介してくれますよ。

産婦人科 看護師の求人に強い転職サイトは、どこ? 産婦人科 看護師の記事一覧

このページの先頭へ