産婦人科 看護師の求人に強い転職サイトは、どこ? 産婦人科 看護師の記事一覧

産婦人科の看護師の求人の現状と、求人の探し方

産婦人科は一般の科目とは少し違い、女性特有の科目です。そして、生命の誕生の瞬間に立ち会える場所でもあります。

そんな産婦人科で看護師として働きたいという看護師はたくさんいますし、あなたもその1人なのではないかと思います。

しかし、最近では、産婦人科が減ってきているということを聞きますが、産婦人科の求人の現状とは、どのようなものなのでしょうか?また、産婦人科の求人はどのように探せばいいのでしょうか?

産婦人科の看護師の求人の現状とは?

産婦人科は、特殊な科目であるということをよく耳にしますよね。

確かにその通りで、産婦人科の患者さんのほとんどは女性ですし、産婦人科は、生命の誕生の瞬間に立ち会える場所でもあります。

そのため、看護師の中には、特殊な科目である産婦人科を嫌煙する人がいますが、その一方では、「産婦人科に勤めたい!」と、産婦人科を希望する看護師も少なくありません。

このお話を読んでいるあなたも、「産婦人科に勤めたい!」と考えている看護師の1人なのではないでしょうか?

あなたが産婦人科に勤めるためにすることは、まず、求人を探すことだと思います。しかし、いざ求人を探すということになると、「産婦人科は一般の科目と比べると特殊な科目なので、求人があるのだろうか?」と、疑問に思うのではないでしょうか?

産婦人科は、総合病院などの大病院や、中規模の病院に専門科目としてありますし、個人経営のクリニックがあります。ですので、求人はもちろんあります。

産婦人科は、どちらかというと、総合病院や中規模の病院よりも、個人経営のクリニックの方が多いです。

しかし、最近の日本では、少子化の問題や、産婦人科医不足のために、クリニックが減少傾向にあります。

それはどういうことかというと、ここ数年ずっと言われている少子化について、看護師のあなたなら知っていると思いますが、共働きや経済的な問題などで、出産をしない人や、出産をしても、第2子からの出産を望まない人が多い傾向にあるからです。また、産婦人科医の不足も影響しています。その理由は、産婦人科には出産時のトラブルによる訴訟が多くなっているため、そういった訴訟問題を嫌煙する医師が増えているためです。また、そういった理由から、従来からあるクリニックで後を継ぐ医師がいないことによる閉院が増えているのも、一つの理由です。

私は現在、産婦人科の看護師をしています。

私の住む地域でも、産婦人科不足という問題があります。私の住む地域では、ここ2年ほどで5件の産婦人科が閉院しました。その理由は、産婦人科医が高齢になり、後を継ぐ医師がいないことが理由です。

こういったことで、都心部などの大きな都市や、地域や街の中心部については求人が見つかりますが、大きな都市や街の中心部から離れてしまうと、産婦人科の求人がなかなか見つからないというのが現状なのです。

このように言うと、あなたは、「いい求人がなかなか見つからないのではないか?」と不安に思うかもしれませんが、必ずしも悪い求人だけではありません。

次のお話で、産婦人科の求人の探し方をお話しますね。

産婦人科の看護師の求人の探し方

これから産婦人科の求人を探そうとしているあなたは、どういった所で働こうと思っていますか?

例えば、総合病院などの大病院や、中規模の病院でも産婦人科がある所もあります。そして、一番件数が多いのはクリニックです。

産婦人科でも、病院によって違いますし、あなたが住んでいる地域でも、求人の数が違ったりします。

まず、求人を探すにあたっては、どのくらいの規模の病院で働きたいかということを決めると思います。

産婦人科は、出産などの緊急性がある科目なので、大病院でもクリニックでも、夜勤はあります。

もしかすると、あなたは、「クリニックは、夜勤がないのでは?」と思っていたかもしれませんが、クリニックにも入院施設が併設している所がほとんどなので、『クリニックでも夜勤がある』と思っておいたほうがいいでしょう。

また、産婦人科は、産科と婦人科に分けられますが、中規模の病院やクリニックのほとんどは産科と婦人科が一緒になっている『産婦人科』という科目が多いです。

そして、総合病院では、産婦人科という一つの科目の病院もありますが、大病院の中には、『産科』と『婦人科』の2つの科目に分けられている病院もあります。

一般的に産科は妊娠・出産を扱う科目で、婦人科は、女性特有の病気を扱う科目です。ですので、あなたが大病院で働きたい場合は、『科目が産科と婦人科に分けられていないか』ということに注意しましょう。

求人を探すために利用する場所と言えばハローワークではないかと思います。求人を探すのに、ハローワークでも問題ありません。

しかし、地域によっては、求人が少なかったり、無かったりします。そのため、もし、ハローワークで求人がない場合は、総合病院であれば、病院のホームページで看護師の募集をしている場合があります。

また、看護師の転職サイトを利用すると良いです。看護師の転職サイトの求人では、ハローワークで取り扱っていない求人があります。それに、コンサルタントと相談することで、自分の希望に合った就職先を探してくれるので、就職先に迷っている時は、看護師の転職サイトの利用をおすすめします。

このように、地域や病院の規模によっても、産婦人科の求人はさまざまです。

ですので、あなたに合った方法で、就職先を探して欲しいと思います。いい就職先が見つかるといいですね!

産婦人科 看護師の求人に強い転職サイトは、どこ? 産婦人科 看護師の記事一覧

このページの先頭へ